「フィアット・パンダ的小話」を綴るつもりが最近は食い気話や愚痴がめっぽう多くなってる無節操な♀の日常。
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
中華市♪ 

22日に三越で開催されてた中華の物産市みたいのに行って来た♪
これは母が食べた牛角煮のラーメン。
こーゆーとこのにしては美味しかったよ。


これはあたしが食べたふわぐわメレンゲのかかった炒飯。
ちょっと油っこかったけどいいお味でした


いっぱいお買い物?♪


中華市だけど、これは韓国の宮廷お菓子。「雪菓子」
実演販売してて、思わず買ってしまった?!
はちみつを細い糸状にして中にナッツ類を入れてくるっと丸めたお菓子。


わたあめみたいで美味しかった♪
どこかで出会ったらまた食べたいな?。


オットのお土産にナムルを買ってきました。<これも韓国じゃん
晩御飯に「石焼じゃないビビンバ丼」をご用意しました。
美味しそうだったよん。


豚角煮マンも美味しくいただきましたっ。
あー食ってばっか。
最近スカーリ太ったわーい
スポンサーサイト
page top
明日は 
年明けから中国国内に監禁されてた(出張ともいう)オットが
やっと帰国します。

でも明日は天気が悪そう。今天気予報でそー言ってた。
飛行機大丈夫かな。。。


明日の夜10時頃に千歳に着く予定。
明日はお家のお掃除DAYにしなきゃ。
さっきやっと雪はねしたし


それにしても冷蔵庫からっぽ。
食料も底を尽きたわ…後はイモくらいしか入ってないし。

オットの長期出張の後はなんたって主婦に戻るのが大変。
ずっと悠々自適に生活してしまうんで、
朝ちゃんと起きられるか…お弁当の準備や毎日の晩御飯の買い出しから調理までアタシに出来るだろうか…てかそんなことしてたんだっけか…何から手を付ければいーのやら…
正直、暫くパニックに陥ります。

はーヤヴァイ、ヤヴァイぜ (((゙◇゙)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ



帰ってきて落ち着いたら久々に釣りにでも行きますか。

夜遅くに戻っても翌日から普通に出勤なんだってさー。
ほんと人遣いアライわよね

これじゃ太れないハズだゎ
※画像は全く関係ございません。
page top
完璧ぱんだくん 

今日アルファで部品を交換してもらって無事修理完了しますた!
ドアの内張りを全部外さなくてはならないにょだー;
ほんといつもお手数お掛けします…。

これで運転席側の鍵が変ってしまっただよ。

でもそれも愛嬌!




今日、暮れに作ったお菓子を差し上げた方が、年明け今日始めてお会いしたんだけど、わざわざその時のお礼に、と←こーんな立派なものを下さいました!
アリョーン(゜口゜)ビクリ

こんなことならもっとたくさんあげとけばよかったわ…いゃ違うでしょ。
かえってお気遣いさせてしまいスイマセン
吹き出物にメゲズ美味しくいただきたいと思います!




これは先月の10日に苫小牧へ釣りへ出掛けた時に、超久々のマルトマ食堂で食べた『マルトマ丼』

新鮮なイカ、ホタテ、ホッキ、ウニ、カニがたっぷり乗って1,000!
オススメです。

また食べに行こーーっと
page top
・・・。 
テレビとか映画の話じゃなくさ。
祭壇にオモチャが並ぶお通夜やお葬式に今まで出たことがありますか?
アタシは初めてでした。



イトコの兄ちゃんの二人目の男の子がさ。
自宅で遊んでてジャングルジムから落ちたみたいでさ。
打ち所が悪くて急去してしまいました。
暮れの31日の早朝のことです。

もう何がナンやら…。


こんな悲しくて辛いお葬式は初めて。
こんなお正月も初めて。
アタシにとっては甥っこみたいな感じだからさ。


11月に1歳になったばかり。
告別式の日が丁度1歳2ヶ月でした。


世の中には死んだ方がいい奴なんか沢山いるのに
のーして神様はこんな純真無垢な子を連れてってしまったんでしょうね。

誰のせいでもない、この子はきっとこういう運命だったんだ、と現実を受け入れるように自分達に言い聞かせる努力をするしかないよね。でもさ?…。


行くまでは、一体どんな顔して兄ちゃんに会ったらいいんだろう、お嫁さんに何て声を掛けたらいいんだろう、と両親、オットと車の中でため息ばかり付いてたんだけどさ。
気丈に振舞う兄ちゃんたちを見て余計に辛かったよ。

事の詳細は伯父さんと伯母さん(亡くなった子のジーチャンバーチャン)から聞いた。
本人たちから聞けるもんじゃないし。




棺に収まったSちゃん。
子供用の棺。初めて見た。
新生児用のでは小さかったみたいで、このサイズになったらしい。

でもね。棺のフタに窓があるでしょ?
そこから顔が見えるように収められたんで、足の方が相当空いてたよ。
みんなでお花やお菓子をいっぱい入れたんだけどね。
それでも隙間があったよ。
それほど小さい小さい遺体。



火葬場で、棺を乗せる台がね。
Sちゃんの棺を乗せても頭の方も足の方もたっぷり余ってるんだよ。
大人用の棺のサイズになってるからね。


控え室の案内表見ても
いかにも年配っぽい方々の名前が並ぶ中
Sちゃんの名前がその中にあってさ。


かかった時間も1時間ほどだったね。
普通大人は2時間くらいたっぷりかかるでしょ?


なのに終わって出て来た時ね。
骨なんて何にも残ってなかったよ。
係りの人に「こちらが頭です」って言われなかったら全然わかんなかったよ。
さっきまで棺が乗ってたはずの台だけが戻って来たように見えてアレ???と思ったくらい。

骨の形状のわかるものなんてほんの少しあるかないか。
棺の釘の方が多かったんだよ。


それをみんなで一生懸命拾ったんだけどね。
骨壷の半分にもならなかったんだよ。
子供用の小さな骨壷だったにも関わらずね。


Rちゃん(Sちゃんのお兄ちゃんで4歳)がね。
「Sちゃん、ちっちゃくなっちゃったね?」って。



Rちゃんはこのことをどのくらい、どのように理解したのか…。
旭川はこの日もすごい雪で、火葬場へ向かう棺を乗せたバスが、式場の前で埋まりそうになってなかなか出発できないでいた時アタシの横に座ってたRちゃんがさ。

「Sちゃん行きたくないって言ってるんじゃないかなー?
お兄ちゃん(自分のこと)とお家に帰って遊びたいんだよ、きっと。」
って言ったよ。

「そうだね、きっとそう言ってるね。」と返事したけど、その時私はRちゃんの目を見れなかった。


Sちゃんの最期、病院で
両親がSちゃんの名前を病院の廊下中に響くような声で叫んでいた時
Rちゃんも名前を呼んで泣いてたって。

お通夜の晩とかはキャッキャ言って走り回って遊んでたけどね。
それで大人たちが少し気が紛れた感じ。
というかアタシの気分が大夫救われた。Rちゃんのお陰で。
アタシのレベルが4歳児とあまり変らないみたい。一緒に遊んでもらって気を紛らわしてた。
悲しいはずのRちゃんに遊んでもらってたんだなーアタシ。
アタシは慰めの言葉ひとつかけてあげられなかったのに。




Sちゃん、安らかに眠ってね。



≪ OPEN ≫
page top
明けましたね 
新年も明け、皆様におかれましたはさぞかし素晴らしい一年の幕開けになっていることでしょう。

だけど残念ながら我が家は新年を祝う気分には到底なれない事件が起こってしまいました。


大晦日の早朝、身内に不幸がありまして。
さっきやっと葬儀の日取りが決まったみたい。

正月三が日終わってからの4日に通夜ということに。


今夜の年越しはもぅどーしょーもないからオットの実家でご馳走いただいて飲んだくれてましたが。


4日かその前日から旭川へ行ってきます…



copyright © じゃじゃとFIAT PANDA all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。