「フィアット・パンダ的小話」を綴るつもりが最近は食い気話や愚痴がめっぽう多くなってる無節操な♀の日常。
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昨夜、久しぶりにイグアナのサイトを見まくりました。
飼っていたイグオを思い出してまた切なくなり、同時にメラメラと恨みが…!
「6?7年前のことですが、家族同然に飼っていたイグアナが亡くなり、大変傷心してそちらへ火葬の依頼に行きました。

持ち込んだ動物の種類はと聞かれ、「イグアナ」と答えると、泣きはらした目をしている私に向かって受付の方が「はぁ?」と、あからさまに顔をゆがめ、奥の机に座っていた数人は私たちの会話を聞き、可笑しそうにふきだしていました。
いわゆる一般的なペットの種類ではなかったかもしれませんが、私にとっては大切に可愛がっていた我が子でした。
こんなに何年も経った今でもそちらに持っていったことを後悔し、亡くなったその子に対しても申し訳ない気持ちでいっぱいです。
様々なペットを飼う方たちというのは以前よりも増えていると思います。何年も自分の気持ちの中でこらえてきましたが、今後私のような不愉快な気分(何年たっても消えない心の傷)になる方が出ないよう、こちらへ投稿させていただきました。
もし、このことに関してご意見がありましたらいつでもお返事下さい。」

こんな感じで。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

はじめまして。
私も小鳥を飼ってますが、世の中は犬猫には優しいですがエキゾチックアニマルにはとても冷たいですよね。
私もそういった無理解に不快感を持ったことが何度もあります。
それにしてもその動物管理局の応対に出た連中の態度には反吐が出ますね。
篠原ゆう | URL | 2005/05/22/Sun 14:33 [EDIT]
あたしも昨夜のじゃじゃの話が頭に残ってる。
じゃじゃのイグ男君の飼育方や成長の記録を聞いて感動して涙がこぼれた。
あたしはたまたま犬だけど、その人にとって愛する対象は違っても愛しさは変わらないからね。
動物は言葉を話さない(言わない)でも、言葉以上のもので、こちらに伝わってくるものがある。
いくらお役所だからとはいえ、
動物管理局の理不尽な態度は手にとる様に見えて腹が立つ。
せめて、動物管理局に従事する者はあらゆる命の重さや尊さや愛する者を失った悲しみを理解できる者を配属してほしいよね。
あたしは最後までどんな事があろうと
ちゃちゃの母でいる。
そこにはちゃちゃを絶対連れて行かない!
りんりん | URL | 2005/05/22/Sun 18:42 [EDIT]
>篠原さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
お役所仕事ってどーにもならんですね。
コチラが選ぶ時代なのだと思います。

先ほど篠原さんのブログや他のサイトへもお邪魔して、閲覧させていただきました。また遊びに行きたいと思います。よろしくお願い致します♪

>りんりんさん
一緒に怒ってくれてありがとうっす。
先ほど渦中の動物管理局から謝罪の電話がありました。
内容は今日お会いした時にでも!
じゃじゃ | URL | 2005/05/23/Mon 10:17 [EDIT]

トラックバック
TB*URL




copyright © じゃじゃとFIAT PANDA all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。